希少糖とは

ぶどう糖(D−グルコース)や果糖(D−フラクトース)などが自然界に大量に存在する一方、
ごく僅かしか存在しない単糖(糖の最小単位)があり、希少糖と呼ばれます。
存在は以前から明らかでしたが、その存在量が少ないため研究対象と見なされていませんでした。
しかし近年、香川大学農学部の 何森 健 教授(現・特任教授)により希少糖を生産する酵素系が発見され、
大量生産が可能になりました。
その結果、研究が進み、有用な健康機能が数多く発見されています。

ぶどう糖(D−グルコース)や果糖(D−フラクトース)などが自然界に大量に存在する一方、ごく僅かしか存在しない単糖(糖の最小単位)があり、希少糖と呼ばれます。存在は以前から明らかでしたが、その存在量が少ないため研究対象と見なされていませんでした。しかし近年、香川大学農学部の 何森 健 教授(現・特任教授)により希少糖を生産する酵素系が発見され、大量生産が可能になりました。その結果、研究が進み、有用な健康機能が数多く発見されています。

自然界に存在する糖

希少糖は自然界に約50種類存在しています。

自然界に存在する糖

単糖

自然界に多量に存在する単糖

希少糖

希少糖:自然界の存在量が少ない単糖およびその誘導体

夢のはたらきを持つ希少糖
D-プシコース

希少糖は50種類以上存在しますが、その中の一種が「D-プシコース」です。
さまざまな機能性を持つことから、新たな機能性素材として注目を浴びています。

D-プシコース

D-プシコースの主な3つの特徴

  • キレのいい
    自然な甘さがある

    砂糖の70%程度

    特徴
    1

  • 日常の食事で
    食べている

    ケチャップやソースなどに
    希少糖が微量に含有

    特徴
    2

  • 安全な糖である

    特徴
    3